CSS Nite in Hiroshima, Vol.3 Follow Up

2010/11/20に開催されたCSS Nite in Hiroshima, Vol.3で、私が講演した内容についてのフォローアップです。

ご参加いただいた皆さん、誠にありがとうございます。

個人的に聞きたい事や、疑問点などがありましたら、tetsuya@wardish.jp までお気軽にどうぞ。

プレゼンテーション時における差別化

プレゼンをしなければならない状況

  1. 案件の予算確保
  2. 商品(サービス)紹介
  3. 資金調達
  4. その他

プレゼンで重視すること

どうせやるなら「ブランディング活動」として位置づけてしまえ。

説得しようとか、理解を得よう等とするのではなく、コミュニケーションの延長として考えよう。

商品やソリューションよりも、プレゼン資料よりも、自分をメインコンテンツとして意識しよう。

実例

プレゼンの場をコミュニケーションの延長として考えることで、プレゼンのとらえ方がどう変わるか?

コンペティションで無茶振り

場の理解不足。 元請け的には決して無茶振りだとは思っていない。

まずは断絶している関係を修正することを意識。

小さくてもいいから、確実にコミュニケーションを確立させていくことでプレゼンを成功させる。

時間がないって言われた

ぶっちゃけてもらえたことをラッキーと捉える。

ぶっちゃけ返すことで、よりいっそう期待に応えることができる。

自社サービス紹介で失敗

相手のニーズが分かっていなければ、何を説明すればよいかも分からない。

相手が見えていない以上に、自分が見えてない。 「伝えたい」だけでは伝わらない。

資金調達で失敗

コミュニケーションの前提として、「場」を理解しよう。

勘違いはコミュニケーションの敵。

プレゼンをブランディング活動として位置づける意義

プレゼンの機会は、広報手段を持たないフリーデザイナーやフリーエンジニアにとって、唯一とも言える市場とコミュニケーションが取れる場です。

市場とのコミュニケーションチャンネルを確立できれば、自然とやりたい仕事が来るように、やりたくない仕事は来ないようになります。

是非とも、その場の勝ち負けよりもコミュニケーションの確立を目的としてみてください。

コメントは受け付けていません。

TOPへ

このサイトについて

Wardish Labs(ウォーディッシュラボズ)は、
Wardish合同会社のエンジニアがさまざまなサービスや技術についての情報をアウトプットしていくサイトです。

 

執筆者の紹介

Tetsuya Mito

ウォーディッシュの代表社員。
最近の口グセは「どこのカレー食べる?」。

  

Akie Utsumi

ウォーディッシュの社員。
最近の口グセは「猫にかまわれたい」。

  

TOPへ